ホームページへショッピングガイド商品一覧特定商取引法についてお問い合わせについてログイン
 
新見庄米トップへ
 

28年新米
 


皆さんの評価は
なぜ美味しいの
お店の評判
ブログ 美味しいもの探し

個人情報保護
会社案内


 
(株)新見庄あしだち本店

岡山県新見市足立3893

TEL.  0867-95-7700
FAX  0867-95-7600
 
Copyright (C) 2013 Niiminoshou Ashidachi Honten Co., Ltd All rights reserved.
 
新見庄米はなぜ美味しいの

 
美味しい自然水だから

 中国山地の山あいから染み出た一滴の水は、実に多くのミネラルを含んでいます。
 そのしずくは徐々に集まり、やがて細い流れとなり高梁川の源流となっていきます。
 新見庄米は、この多くの栄養素を含んだ、不純物のない、大自然の清らかな水で育てられています。
 
昼夜の気温差によって

 新見庄米を作っている田んぼは、”晴れの国”岡山県の県北で、中国山地の谷あい・盆地(標高300~650m)にあます。
 標高の高いところの谷あい・盆地は、昼間でも涼しく、夜間、特に朝方に気温が下がり、平地と比べ寒暖の差が大きくなります。
 実りの秋に、この昼夜の寒暖差が、お米の生育(デンプンの貯蔵)を良くし、美味しいお米を育てているのです。 
 
農家が食べるお米をそのまま

 現在流通しているお米のほとんどは、同じ品種でも、様々な場所で刈り取られ、一括して乾燥するため、様々な田んぼのお米が混ざっています。
 新見庄米は、『お米の味は田んぼごとに違う』という”こだわり”から、田んぼごとに稲を刈り、乾燥をし、他の場所のお米といっさいブレンドしないので、農家が食べているその田んぼ、そのままの味が楽しめます。


※田んぼ毎とは、同じ場所の複数の田を含みます。
 
美味しさを保つために

○○麻呂
 ①お米の乾燥
昔は、天日干し(新見地方では、ハデ干しと言ってました)でしたが、新見庄米は、乾燥ムラをなくすため、自然乾燥に近い低温(40℃以下)でゆっくり12~20時間かけて乾燥させ、品質劣化を起こさない方法を採用しています。
 ②お米の保管
 お米は、温度が高く、水分含量が高いほど呼吸が盛んになり、成分(デンプン・タンパク質・脂質等)の分解が進行し、美味しさのもとが低下していきます。
 農水省食糧研究所(現在は、食品総合研究所)から、1964年に『常温貯蔵に比べ、貯蔵温度13℃以下、相対湿度70%の低温区で保管』すると、お米の品質劣化は抑制されると報告されています。
 新見庄米は、この科学的根拠に基づき、改善を重ね、『貯蔵温度12~15℃,相対湿度70~75%』で制御された保冷庫で保管しており、年間を通じて美味しさを楽しめます。
 
ご家庭での保管アドバイス

・直射日光を避け、風通しが良く、湿度が低くて暗い場所に保管してください。
 今時の保存場所としておすすめは、冷蔵庫の野菜室が最適です。
・ご購入いただいた包装袋のまま保存しないで、密閉容器に移して保管してください。
 (密閉容器って:タッパー、キッチンパック、ペットボトル等があります。)
・密封して冷蔵庫(野菜室)保存ならば精米後も約2ヶ月は美味しさを楽しめます。