ホームページへショッピングガイド商品一覧特定商取引法についてお問い合わせについてログイン
 
新見庄米トップへ
 

28年新米
 


皆さんの評価は
なぜ美味しいの
お店の評判
ブログ 美味しいもの探し

個人情報保護
会社案内


 
(株)新見庄あしだち本店

岡山県新見市足立3893

TEL.  0867-95-7700
FAX  0867-95-7600
 
Copyright (C) 2013 Niiminoshou Ashidachi Honten Co., Ltd All rights reserved.
 

新見庄米は田んぼ毎

新見庄米は田んぼ毎に、
 ご注文をお受け致します。100%1等米です。


田んぼ毎に稲刈りから乾燥まで行います。
他所の田んぼとブレンドしないので、農家が食べるお米をそのままお送り致します。
下記一覧から、ご希望の商品をクリックしてください。
 詳細な情報を確認することができます。

ご注文は、Yahoo!ショップからのネット注文と電話、FAXでお受け致します。
FAX専用のご注文用紙 (26年産 FAX注文書.pdf) をご利用下さい。
年間契約をご希望の方も、FAXで注文されるか、電話でお名前、ご住所、電話番号、発送先、お届け日、商品名、数量をお知らせください。

尚、『新見庄米コールセンター』を開設しました。ご注文、お問い合せ等、お気軽にお電話下さい。
   フリーダイヤル : 0120-213-221
   受付時間    : 9時~17時まで
   営業日      : 祝日を除く月曜から金曜日

(注)田んぼ毎とは、同じ場所の複数の田を含みます。
 
伊田

 №.006                                 
  生産者:あしだち本店と営農集落の皆さん          
 田んぼ:神郷梅田
 品 種:コシヒカリ 
 特 徴:「商品詳細」の田んぼの写真に写っている、こんもりした
      鎮守の森が亀尾神社。
      京都の東寺に保存されている「東寺百合文書」に高瀬村が見られ、
      その街道筋に田んぼがあり、標高500mの中山間で、日当たり良好、
      寒暖差大で、鎌倉時代からこの地で盛んに米作りが行われていたのでしょう。
      ここの米粒は透きとおっていて、とってもきれいです。

 
三上
 №.016             
  生産者:三上さんと7軒の皆さん     
 田んぼ:哲西矢田                                                                      
 品 種:コシヒカリ                                                  
 特 徴:国の天然記念物に指定され、西の尾瀬といわれる
      「鯉ヶ窪湿原」の、夏はホタルが飛び交う清らかな
      水源を利用し、有機・緑地肥料、減農薬に取組み
      農家が丹精込めて作り上げた「安全で美味しいお米」です。


 
 №.036
  生産者:山本さん2世代家族
 田んぼ:三坂山本
 品 種:コシヒカリ
 特 徴:天銀山(標高980m)から湧き出すミネラル分の多い
      きれいな透明な湧き水と先祖の智恵と経験を生かし
             ながら育て
ました。

 
 №.046
  生産者:前田さん専業3世代家族                  
 田んぼ:永富前田              
 品 種:コシヒカリ
 特 徴:カルゲン(カルシウムとイオウを含んだ肥料)と有機肥料を
      使用し、土作りを大切にしています。病気に強い甘みのある
      米を作れる土壌に改善しています。
      乾燥は自分で行います。美味しい米にするため、

      低温で時間をかけて乾燥します。

 
 №.026  
 生産者:河上さんは勉強会の中心       
 田んぼ:畑木河上    
 品 種:コシヒカリ
 特 徴:万田酵素(万田31号)を使用しています。    
      植物本来の力を活性化させ、米の美味しさを引き出します。
      味にはとことんこだわります。
      皆さんも「万田酵素」をホームページで調べて

      みてください。そのすばらしさがおわかりになると思います。

 
小山さん
 №.056  
  生産者:小山靖さん     
 田んぼ:哲多小山      
 品 種:コシヒカリ
 特 徴:岡山県の天然記念物 金ボタル(和名 ヒメボタル)の里、
      哲多町の農家。
      「毎日朝晩、田んぼの見回りをかかさない」と、米作りに
      対する情熱いっぱいの小山さん夫婦が作ったお米。
      日照時間の長さと、山の清流が一層おいしいお米を育てます。